カートをみる 会員登録&ログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

Sale開催中 最大60%OFF SALE ! 

 簡易ラッピング 無料   有料ラッピング ¥324  

新作ハワイアンジュエリー  迅速発送 

ハワイアンジュエリー歴史

リリウオカラニ女王。
あの有名な「アロハ・オエ」の作者としても知られる
ハワイ王朝最後の女王です。
ハワイアンジュエリーの起源は実はそのリリウオカラニ女王に始まります。

19世紀イギリス宮廷ではヴィクトリア女王の夫アルバート王子の追悼の為に
黒をアクセントにした喪中用ジュエリーをつけました。
英国王室と親交の深かったリリウオカラニは、そのことを伝え聞き、
自らもアルバート王子の死を悼み、黒のエナメルで
「HO'OMANA'O MAU(永遠なる想い)」
とハワイ語の文字を入れたゴールドのバングルを特別に作らせました。
女王はその言葉通り、生涯このバングルを身につけていたそうです。

これがハワイアンジュエリーの誕生です。

イギリスを起源とし、リリウオカラニ女王によってハワイにもたらされた
ジュエリーは、一般の人々にも広く広がり、
その後次第にハワイの文化と融合し、ハワイならではの習慣、伝統となり
ハワイならではのハワイアンジュエリーになりました。

現在ハワイアンジュエリーは、正式には
「ハワイアン・エアルーム・ジュエリー」(代々伝わる宝、家宝)と呼ばれ、
現地では祖母から母、母から娘へと代々受け継がれていくもの、
家族や恋人、親友への愛情を表現するもの、
また、卒業記念、誕生記念、結婚記念などの思い出をとどめるもの
としてハワイアンの間で永く愛され続けています。

ページトップへ